Band Profile

■やまももシンフォニックバンド(YSB)

2013年5月、甘粕宏和氏を指揮者に迎え発足した私たち“やまももシンフォニックバンド”は、皆様のお力添えをもちまして5周年を迎えることができました。

これまでNHK交響楽団首席ホルン奏者の福川伸陽氏、日本フィルハーモニー交響楽団首席クラリネット奏者の伊藤寛隆氏をはじめとする日本を代表するすばらしい音楽家に共演していただく幸運にめぐまれ、また、新作の委嘱や語りとのコラボレーションなど、型にとらわれない独自の演奏スタイルとそのクオリティに注目を集めるまでに成長してまいりました。
団員の相互理解をもっとも大切なものと考え、「ちゃんと練習!たのしく音楽♪」をモットーに、信頼され親しまれる団体となり得るよう、さらに前進していく所存です。
定期演奏会以外では、音楽鑑賞教室の積極的な開催、全日本市民バンドフェスティバルへ出場、東京都吹奏楽連盟主催「マーチ&ポップス」への出演、21世紀の吹奏楽”響宴”小編成レパートリー・プロジェクト出演など、多岐に渡ります。
「やまもも」は一年を通して葉を落とすことがなく青々としげり、赤いチャーミングな実をつける、日本中で見かけるおなじみの木です。
ステージ上から発せられる「演奏できる喜び」が客席のみなさまに届き、幸せな時間を共有できますよう努力してまいります。

ysb_prof

■指揮者 甘粕宏和


東京音楽大学卒業。中学2年時に受けた八田泰一氏の指導に衝撃を受け、中学3年時での小澤俊朗氏との出会いがその後の人生を決定付けた。大学在学中は汐澤安彦指揮シンフォニックウィンドアンサンブル団長として活躍。アンサンブル・ミュルミュール木管五重奏団としてこれまで5度のリサイタルを開催。現在はバンドディレクターとして全国各地で、また日本吹奏楽指導者クリニックを始めとする各種講習会講師や審査員などをつとめている。粘り強くきめ細かいサウンドトレーニングには定評がある。また、ユーモアあふれる実践的な講習会は各地で好評を博している。
現在、神奈川大学吹奏楽部、東京都立片倉高等学校吹奏楽部、柏市立柏高等学校吹奏楽部、柏市立酒井根中学校吹奏楽部をはじめ全国数多くのバンド指導に携わっている。スポーツ祭東京2013(東京国体)式典音楽の編曲、開閉会式指揮を担当した。2015年日韓国交正常化50周年記念事業として韓国ソウルにて現地青少年オーケストラを指導、指揮し好評を博す。
吹奏楽を小澤俊朗氏に師事。
これまでに、フルートを中野真理、梅津正好、本田幸治の各氏に、室内楽を浜道晃、笠松長久、篠崎史子の各氏に、指揮を近藤久敦氏に師事。A.ニコレ、C.ラルデ、M.M.コフラーらのマスタークラスを受講。
(一社)日本管打・吹奏楽学会 生涯学習委員会委員。21世紀の吹奏楽“響宴”会員。やまももシンフォニックバンド指揮者。

■Conductor – Hirokazu Amakasu

Hirokazu Amakasu graduated from Tokyo College of Music and was a principal for the Symphonic Wind Ensemble led by Yasuhiko Shiozawa. He studied band methods with Toshio Ozawa, conducting with Hisaatsu Kondo, and flute with Mari Nakano, Masayoshi Umezu and Koji Honda. He has taken flute master classes with Aurele Nicolet, Christian Larde, and Michael Martin Kofler.

Amakasu is one of the leading band directors in Japan, helping premier groups earn highest ratings at band contest. He is a frequent clinician for the Japan Band Clinic, the Japanese Band Directors Association’s conference and the Japan Academic Society of Wind Music conference. An active adjudicator for band and ensemble contests and a contributor for method books and band magazines, his lectures are also produced on DVD. His enthusiastic and practical teaching style is appreciated throughout Japan. He is a member of the 21st Kyo-En Project, a remarkable annual concert presenting unpublished and premier works by outstanding Japanese composers.

An Amakasu arrangement was premiered at the 2013 Sports Festival in Tokyo, conducted by himself. He was also invited to coach and guest-conduct the South Korea Youth Orchestra for the 50th Anniversary of Normalization of Japan-South Korea Relations Memorial Project.

Amakasu is an active flutist, often performing in chamber ensembles. He and his group, “ensemble murmure” have presented five recitals to date. He recently formed a new trio, “Ensemble Belles Ailes”.

Hirokazu Amakusu is currently music director of Yamamomo Symphonic Band, having been a primary conductor since its establishment in 2013. The band premiered an innovative piece with Nobuaki Fukukawa, principal horn of the NHK Symphony Orchestra, and Hirotaka Ito, principal clarinet of the Japan Philharmonic Orchestra, incorporating visual slides and narration. The Symphonic Band continues to develop new concepts for its distinctive performance style and literature.

関連メディア

■やまもものロゴについて
設立5周年を記念して、北海道旭川で活躍される人気デザイナー“あべみちこ”さんに、やまももらしい素敵なロゴを作っていただきました!

=ロゴ作者の紹介=
よつば舎 あべみちこ

釧路出身、旭川在住のイラストレーター、デザイナー。あたたかい風合いのイラストを中心として、食べ物を描くのを得意とする。旭山動物園のお土産をはじめ、飲食にまつわるパッケージデザインなど食に関する物が多い。

=あべさんからのメッセージ=
やまももさんたちの大切にすることの方向がわたしと似ているような気がして共感いたしました。そんな素敵なところのロゴを作らせていただきとても幸せです。日本中、世界中のみなさまをもっと笑顔にしちゃってください。
ロゴはそんなイメージで、やまももの木になる赤くかわいい実の”やまももさん”が、ほっこりにっこり五線譜に乗って進んでいくイメージです。


■やまももフレンズ

fukukawa
福川伸陽
(NHK交響楽団 首席ホルン奏者)
fukukawa
福島弘和
(作曲家)
fukukawa
伊藤寛隆
(日本フィルハーモニー交響楽団 首席クラリネット奏者)
fukukawa
岩崎里衣
(フリーアナウンサー)
fukukawa
笹野健太
(俳優)
fukukawa
真島俊夫
(作曲家)
fukukawa
松下倫士
(作曲家・ピアニスト)